脂質

コレステロール、中性脂肪とは

コレステロール、中性脂肪は人が生きていく上で必要な脂質の一種です。コレステロールは、体を構成する細胞を包む細胞膜や各種ホルモン等の原料であり、中性脂肪は、人間が活動するときのエネルギー源として使われます。

血液中のLDLコレステロールや中性脂肪が多い、あるいはHDLコレステロールが少ない状態を「脂質異常症」といいます。「脂質異常症」を放置しておくと、動脈硬化を促進し、さらに進行することで、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患や脳梗塞などの脳血管障害の危険が増すことになります。しかし、軽度の「脂質異常症」は、生活習慣の見直しなどで、改善が可能です。早めの対処が大切です。

また、「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロールや中性脂肪も、増えすぎることが問題であって、少なければ少ないほどよい、というものではありません。多くは心配ありませんが、値が極端に低い場合は甲状腺機能亢進症や肝臓病、貧血、栄養不良などの問題が隠れている場合があります。

HDLコレステロール

血管壁にたまったコレステロールを回収し動脈硬化を抑制します。このため善玉コレステロールと呼ばれます。

 

検査会社基準範囲
(mg/dL)

健康診断判定基準※

異常なし

軽度異常

要再検査・生活改善

要精密検査・治療

A

B

C

D

40~85(男性)、40~95(女性) 40 ~ 30 ~ 39 ~ 29

※2024年4月から日本人間ドック・予防医療学会による基準範囲が変更になりました(従前:HDLコレステロール34以下がD、35~39がC)。
日本動脈硬化学会による診断基準:40 mg/dL未満は低HDLコレステロール血症

LDLコレステロール

肝臓のコレステロールを身体の隅々、血管壁に運んでいきます。血液中にLDLコレステロールが増えすぎると、血液がスムーズに流れずに血管を傷つけたり、詰まらせたりしてしまいます。悪玉コレステロールとも呼ばれます。

検査会社基準範囲
(mg/dL)

健康診断判定基準

異常なし

軽度異常

要再検査・生活改善

要精密検査・治療

A

B

C

D
65〜139 60〜119

120〜139

140〜179

~ 59* 、180 ~

*: LDLコレステロールが59以下であっても極端に低くない限り問題ないと判断されることもあります。

中性脂肪が400mg/dL以上や採血が空腹時ではない場合にはnon-HDLコレステロール値で、中性脂肪が400mg/dL未満で空腹時採血の場合にはLDLコレステロール値で脂質判定を行います。

日本動脈硬化学会による診断基準:140 mg/dL以上は高LDLコレステロール血症、120~139mg/dLは境界域高LDLコレステロール血症

中性脂肪

それ自体は動脈硬化の直接の原因にはなりませんが、中性脂肪が増えすぎると、LDL-コレステロールが増え、HDL-コレステロールが減りやすくなることがわかっており、動脈硬化を促進します。また、急性膵炎などで高値を示します。

検査会社基準範囲
(mg/dL)

健康診断判定基準

異常なし

軽度異常

要再検査・生活改善

要精密検査・治療

A

B

C

D
30~149 30~149 150~299 300~499 ~29*、500~

*: 中性脂肪が29以下であっても極端に低くない限り問題ないと判断されることもあります。

日本動脈硬化学会による診断基準:空腹時採血で150 mg/dL以上、随時採血で175mg/dL以上は高トリグリセライド血症

総コレステロール

 検査会社基準値(参考):120〜219mg/dL
 健康診断では判定の対象ではありません。

non-HDLコレステロール 

non-HDLコレステロールは、総コレステロール(TC)からHDLコレステロールを引いた値です。すべての動脈硬化惹起性リポ蛋白中のコレステロールを表し、2012年度から動脈硬化疾患予防ガイドラインに導入されました。

 

検査会社基準範囲
(mg/dL)

健康診断判定基準

異常なし

軽度異常

要再検査・生活改善

要精密検査・治療

A

B

C

D
90 ~ 149 90 ~ 149 80 ~ 89、150 ~ 169 67 ~ 79、170 ~ 209 ~ 66、210 ~

中性脂肪が400mg/dL以上や採血が空腹時ではない場合にはnon-HDLコレステロール値で、中性脂肪が400mg/dL未満で空腹時採血の場合にはLDLコレステロール値で脂質判定を行います。LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪が全てA判定に該当する場合、non-HDLコレステロールが90~149をはずれる場合、判定はBとなります。

日本動脈硬化学会による診断基準:170mg/dL以上は高non-HDLコレステロール血症、150~169mg/dLは境界域高non-HDLコレステロール血症

参考

動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版|日本動脈硬化学会

厚生労働省e-ヘルスネット「脂質異常症」

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-02-012.html

スマート・ライフ・プロジェクト 事務局(厚生労働省 健康局)「生活習慣病を知ろう!」

http://www.smartlife.go.jp/disease/